1. TOP
  2. 馬三郎タイムズ
  3. 的中情報

重賞特集&次情報はお任せ!
馬三郎タイムズと合わせて使えば威力倍増!
今なら14日間無料で使える!→詳しくはコチラ

的中情報

予想家一覧

→馬券総合倶楽部の予想家は こちらをご確認下さい。

栗東

赤木俊介

赤木俊介(あかぎ・しゅんすけ) 

好きなのは2歳戦で、特に芝→ダートなどの条件変わりが良さそうな馬に注目している。83年7月20日、兵庫県尼崎市出身のO型で、栗東支局スタッフでは最若手。

紺谷和彦

紺谷和彦(こんたに・かずひこ)

目の前のレースを常に勝負レースと意識し、日々奮闘中。馬券は単勝を基本として馬単、馬連、ワイドの一点勝負。3連単はアタマ固定のフォーメーションで一撃を狙う。ただ、このスタイルなので当たればデカいが、空振りも多い。イチかバチかのギャンブルが大好きな中年です。1970年10月8日生まれ。

塩手智彦

塩手智彦(しおて・ともひこ)

厩舎取材班ひと筋で、着々と人脈を広げてきた。取材で得た情報や感触を、ストレートに紙面へ反映させることがモットー。71年6月10日、東京都出身、B型。

城谷豪

城谷豪(しろたに・すぐる)

16歳から伸ばし続けた後ろ髪と体格から、競馬場でも記者ではなくレスラーと間違われることもしばしば。『競馬の花形はG気世、馬券の宝庫は裏開催にあり』を信念に己の道を突き進む。関西圏のローカル本紙を担当。1972年12月25日生まれ。兵庫県西宮市出身。わがままなB型。

竹原伸介

竹原伸介(たけはら・のぶすけ)

主に栗東CWコースの採時を担当。ラジオ関西や、グリーンchのパドック解説など他メディアにも出演している。馬券はパドック重視で、レースを絞って狙った馬をガッツリ買うタイプ。ただ遊びでレースに手を出すことが多く、最終的な収支はトントンぐらい。1966年1月2日、埼玉県出身。A型。

竹村浩行

竹村浩行(たけむら・ひろゆき)

本命戦は確実に。荒れると踏めばフルスイング。ひたすら的中を追い求める自在脚質で、年間トータル馬単回収率100%超えは達成済み。厩舎班を約10年経験し、07年に調教班へ。競馬と芋焼酎をこよなく愛す栗東支局長。グリーンchではトラックマンTVなどに出演中。1973年、神戸市出身。A型。

浜口和也

浜口和也(はまぐち・かずや)

関西古馬本紙予想を担当。馬券、予想ともに的中率を重視する2番バッタータイプだが、いまだに打撃フォームが定まらず試行錯誤の日々が続いている。趣味は温泉旅行と食べ歩き。丁寧に作業をこなすが、大一番にめっぽう弱いA型。1979年10月25日、大阪府茨木市出身。

堀尾政宏

堀尾政宏(ほりお・まさひろ)

取材と過去のレースをもとに、緩急自在の予想がモットー。得意レースは実力拮抗の古馬500万、1000万下。青色のマークシートをフル活用し、3連単2頭軸マルチや3連複2頭軸流しで、手広く流しまくる。ヒモ荒れ大歓迎。1972年1月6日、愛知県出身。O型。

森岡健一郎

森岡健一郎(もりおか・けんいちろう)

社内ではよく腹黒いと言われるが、本人に自覚はなく、むしろ一番の常識人と自負する。休日は近くの遊技場までウォーキングをするのが日課。ギャンブルをこよなく愛す二児のパパでもある。最近の好きな言葉は「一撃」、「他力本願」。1975年11月生まれ、滋賀県出身。B型。

森田真司

森田真司(もりた・しんじ)

今までも的中率重視の予想スタイルだったが、ラジオ関西「GOGO競馬サタデー!」に出演させてもらってからは、さらに率が上がっている(気がする)。しかし、それなのに自分のお小遣いは微増止まり! 馬券ベタを脱出する時を夢見て、今日も厩舎を周って小ネタ探しへ。奈良県出身。B型。

安里真一

安里真一(やすざと・しんいち)

徹底した現場主義で調教師や厩舎関係者、外国人騎手とも独自の人脈をつくり上げてきた、仕事のスタイルは健康第一。72年2月27日、大阪府出身。血液型B。

矢野幸一

矢野幸一(やの・こういち)

関西の競馬専門紙を経て、デイリースポーツの競馬担当記者から馬サブローへ移籍。人見知りの馬好きが、気がつけば業界にどっぷりとつかっている。大阪府出身、血液型A。

吉田順一

吉田順一(よしだ・じゅんいち)

関西2、3歳本紙予想を担当。パドックを見続けてかれこれ20年。馬の適性と能力を見極めるために奮闘しているが、いかんせん小遣い制度になり馬券は女々しい。技術でごまかしてきたが、最近は一攫千金を目指して新たな馬券術を検討中。ラジオ関西解説者。1973年7月10日生まれ。おおらかなO型。