1. TOP
  2. 馬三郎タイムズ
  3. メーンレース情報

重賞特集&次情報はお任せ!
馬三郎タイムズと合わせて使えば威力倍増!
今なら14日間無料で使える!→詳しくはコチラ

今週のメーンレース

「競馬新聞 デイリー馬三郎」なら最終追い切り後のコメントが全レースでご覧頂けます。

無料トライアルに申し込む(購入手続きは不要です)/詳しく見る

11/19(日) 5回 京都 6日目

11R マイルCS(G1)

サラ系3歳以上 ○国際○指(定量)芝1600m 18頭 発走15:40

本賞金:10300、4100、2600、1500、1030万円

先取り厩舎リポート

*毎週月曜日に更新

馬名 コメント
グランシルク 少し体が増えているから、1週前は強めにやってくれという指示。反応は良かったですよ。<田辺>
ウインガニオン 夏の疲れも取れて、至極順調だね。この馬なりに力をつけていると思うし、完成期を迎えているのかな。<西園師>
エアスピネル (1週前は)もう少し全体時計を出せると思ったが、馬場が重かったのかも。ラストは12秒4だし、順調に来ている。道悪で走った疲れを取り、態勢を整えつつある。<笹田師>
ガリバルディ 状態については悪くないよ。ここに出れれば、と思っていたから、何とか頑張ってもらうしかない。<藤原英師>
クルーガー 1週前は、『何か課題があるから』というわけではなかったですし、純粋に息をつくるのが目的でした。馬が完成されてきていますし、動きはすこぶる良かったですね。<高野師>
サトノアラジン 前走は馬場が合わなかったので仕方ない。ダメージもなかったし、状態は維持しています。<池江師>
サングレーザー リフレッシュして元気がいいです。前走と前々走は、馬場もあって伸びないと思ったけど、勝負根性はすごいんじゃないですかね。<川上助手>
ジョーストリクトリ 休み明けを叩いて、ガラッとは変わっていませんが、一度使った上積みはあると思いますよ。<清水久師>
ダノンメジャー 状態はいいですよ。前走は体に余裕がある感じでしたが、今は締まっている感じがします。5歳の秋を迎えて、動き、馬体の張りも良く充実しています。<橋口師>
ペルシアンナイト (1週前の)動きは良かったし、反応も良かったですね。もちろん上積みもありますよ。<池江師>
レーヌミノル 前走は、タフな馬場でダメージが残りそうなレースでしたが、ここまで特に気になるところはないですね。<中井助手>

1週前追い切りチェック!

*毎週月曜日に更新

馬名 コメント 上昇度 評価
マルターズアポジー 武士沢を背に美浦南Wで5F82秒7-37秒1-12秒8(G一杯)。長めから3頭併せ。直線は実戦さながらの追い比べを披露したが、並ぶ間もなく抜き去る鋭い伸び脚。前回同様、走りっぷりの良さが目立っている。 B
エアスピネル 栗東坂路で4F53秒5-38秒6-12秒4(一杯)。レッドリーガル(5歳1600万下)との併せ馬で1馬身先着。攻め駆けするタイプとはいえ、力強いフットワークで状態の良さを感じさせた。 B
ウインガニオン 栗東坂路で4F50秒8-37秒0-12秒6(一杯)。テンから意欲的に運んで好時計をマーク。ラストもしっかり反応していた。気配は上々だ。 B
ペルシアンナイト 水口を背に栗東CWで6F81秒3-37秒4-11秒6(G一杯)。プロフェット(4歳1600万下)を0秒4追走して0秒1先着。引き続き落ち着いたテンションを維持しており、大目標へ向けて青写真通り仕上がっている。 B
イスラボニータ 美浦南Wで6F80秒4-37秒4-12秒5(馬なり)。2頭を大きく追い掛けて内に潜ったが、直線は追われる2頭を尻目に持ったままで鋭伸。体もふっくらと見せており、出来は申し分ない。 B
レッドファルクス 蓑島を背に美浦南Wで5F66秒1-37秒3-12秒6(G強め)。一杯に追われる相手に対して軽く仕掛けた程度。鋭い反応から真一文字に伸びたように、動きの良さが際立った。引き続き好調。 B
グランシルク 田辺を背に美浦南Wで5F67秒0-38秒6-12秒2(直一)。相手は追わなかったとはいえ、勢いの違いを見せつけて4馬身の先着。やれば動くタイプとはいえ、鋭い走りに前走のダメージは一切感じられない。 B
サングレーザー 栗東坂路で4F59秒7-42秒8-12秒8(馬なり)。軽めだったが、適度にテンションを保って好気配。馬体にも張りがある。 C
ダノンメジャー 栗東CWで4F50秒9-38秒3-11秒9(馬なり)。緩さの残っていた馬体がひと叩きされて引き締まった。気合乗りも良化しており、状態は上向いている。 C
ジョーストリクトリ 荻野極を背に栗東CWで6F79秒2-38秒8-12秒7(馬なり)。休み明けを叩かれたことで動きに素軽さが増してきた。気配も前走時以上だ。 C
ガリバルディ 栗東CWで5F64秒0-37秒1-11秒5(一杯)。追走する形の3頭併せで好時計をマークした。中3週では馬なりが中心の厩舎が、この意欲的な攻め。GIへ向けての本気度が十分に感じられた。 C
ブラックムーン 栗東CWで6F84秒7-38秒7-12秒1(一杯)。カズアピアーニ(2歳新馬)に追走先着。ゴーサインにしっかり反応できており、まだ動きが重かった前回からの上積みが感じされる。 C
メラグラーナ 大下を背に栗東CWで6F80秒6-37秒7-12秒5(馬なり)。道中から速めのラップを刻みしっかり負荷をかけてきた。動きにも余裕があり、状態自体は良さそうだ。 C
レーヌミノル 和田を背に栗東CWで6F81秒7-37秒6-11秒7(一杯)。同じくマイルCSに登録があるムーンクレスト(5歳OP)との併せ馬。外から力強くねじ伏せて半馬身先着した。体調面に不安はない。 C
ヤングマンパワー 美浦南Wで6F84秒1-39秒4-12秒9(一杯)。追走したとはいえ、2歳馬に遅れるふがいない内容。馬体、動きに重苦しさを残しており、次週の1本でどこまで変わってくるか。 D