1. TOP
  2. 馬三郎タイムズ
  3. メーンレース情報

重賞特集&次情報はお任せ!
馬三郎タイムズと合わせて使えば威力倍増!
今なら14日間無料で使える!→詳しくはコチラ

今週のメーンレース

「競馬新聞 デイリー馬三郎」なら最終追い切り後のコメントが全レースでご覧頂けます。

無料トライアルに申し込む(購入手続きは不要です)/詳しく見る

09/17(日) 4回 阪神 4日目

11R ローズS(G2)

サラ系3歳 ○国際 牝○指(馬齢)芝1800m 18頭 発走15:35

本賞金:5200、2100、1300、780、520万円

先取り厩舎リポート

*毎週月曜日に更新

馬名 コメント
アドマイヤミヤビ 1週前の動きは上々。元来が使いつつ良くなるタイプだし、これだけ動けば十分でしょう。数字的にはさほど変わっていないけど、ひと夏越して性格が大人びてきた感じはする。復帰戦から頑張ってほしい。<友道師>
カラクレナイ 今で500キロ(前走時は484キロ)ぐらい。ひと夏越して全体的に大きくなりましたね。今回は千八ですが、先週乗った川田騎手は「ワンターンの千八ならこなせそう」と。次につながる内容を期待したい。<松下師>
クイーンマンボ 芝はデビュー戦以来となりますが、当時は緩さもありました。だいぶしっかりして走れる体つきに。夏に1度使って、ピリッとしてきています。スピード勝負になったときに、対応できるかですね。<辻野助手>
ハローユニコーン オークスの後、膝関節を痛めたため、1カ月ぐらい楽をさせた。当初はここに間に合わないと思ったけど、気の勝ったタイプで仕上がり早。ひと追いごとに良くなってきたし、いい感じに仕上がってきたよ。<鮫島師>
ファンディーナ この夏は暑くて回復に時間がかかった。その分、やや急仕上げ気味。それでも春に比べて毛ヅヤや体の張りはいいし、精神的にもリラックス。数字も結構増えていると思います。次につながる内容を期待。<高野師>
ブラックスビーチ オークスは一気の相手強化のなか、自分の走りをしてくれました。体つきは大人になった気がしますし、休み明けですが力を出せそうです。春の実力馬たちと、どれだけ差が詰まっているか。<辻野助手>
ミスパンテール 夏場を順調に乗り越えました。体が増えてパワーアップしていますよ。1週前はテンからビシッと。直前にサッとやれば態勢は整うと思います。オークスの敗因はイレ込み。当日、落ち着いて臨めれば。<藤野助手>
ミリッサ 期待通りの内容で2連勝。きっちり結果を出してくれたことが大きいよ。中間は短期放牧を挟んだけど順調だし、1週前の動きも良かった。春は強い相手と戦ってきたし、ここでもいい競馬をしてほしいね。<石坂師>
モズカッチャン 8月上旬に帰厩。夏は北海道で過ごし、リフレッシュして帰ってきました。1週前はしまい重点に上々の動き。少し右にもたれていたけど、手前を変えたら真っすぐ走っていました。ここまでは順調です。<鮫島師>
ヤマカツグレース 1週前の動きはまずまず。時計も速かったし、よく動けていたと思う。間隔をあけていないのであまり体つきは変わっていないけど、1回使ったことで気持ちは乗ってきている。上積みはあると思います。<池添兼師>
ラビットラン 春に比べると、今はだいぶしっかりしてきました。走りはもともと軽い馬。前回のように道中をリラックスして走れれば。最後の脚は持っている馬なので、外回りの直線をフルに生かしてくれれば。<辻野助手>
リスグラシュー 1週前追い切りに騎乗しましたが、手応えに余裕があったし、しまいも持ったまま。ラスト1Fは12秒2でしたが、追えば11秒台が出ていたと思います。春に比べて折り合い面も良くなっていると思います。<坂井>

1週前追い切りチェック!

*毎週月曜日に更新

馬名 コメント 上昇度 評価
ラビットラン 栗東芝で6F79秒2-34秒9-12秒3(馬なり)。機敏なフォームでミッキーディナシー(4歳500万下)に首差先着。約3カ月ぶりだが、体もすっきりと仕上がっている。 A
アドマイヤミヤビ 栗東CWで藤岡康を背に6F79秒3-37秒4-12秒5(一杯)。素質馬ワグネリアン(2歳500万下)に苦戦はしたが、きっちりと併入に持ち込んだ。6Fはこの日の一番時計で健在ぶりを示す内容。重め感なく仕上がっている。 B
アロンザモナ 幸を背に栗東CWで6F81秒1-38秒5-13秒6(一杯)。ホッコーカゲムシャ(3歳未勝利)を1秒2追走して併入。大きく追い掛けた分、手応えでは見劣ったが、ラストまでしぶとさを発揮。順調にきている。 B
カラクレナイ 栗東CWで6F83秒3-39秒3-12秒2(馬なり)。ジワッと気合をにじませて道中をパス。直線は鋭い脚さばきで伸びてきた。仕上がりやすいタイプで雰囲気は上々。 B
カワキタエンカ 栗東坂路で4F55秒8-40秒2-12秒1(一杯)。テンからスムーズに折り合い、ラストはスパッと切れた。気配は上々だ。 B
クイーンマンボ 栗東芝で5F65秒1-36秒4-11秒7(馬なり)。ロードマドリード(2歳未勝利)に1秒1先行して併入。素軽いフットワークで、キビキビとした動きを見せた。 B
サトノアリシア 北村友を背に栗東坂路で4F56秒7-39秒5-12秒7(馬なり)。気負うことなくスイスイと登坂。脚さばきが素軽く気配は上々。 B
ファンディーナ 岩田を背に栗東坂路で4F55秒3-39秒8-13秒1(馬なり)。レクセル(3歳未勝利)との併せ馬で半馬身先着。持ったままの手応えで先着と動きの良さは目立っていた。仕上がりは上々。 B
ブラックスビーチ 栗東CWで浜中を背に6F84秒4-38秒3-11秒8(G一杯)。ロードアルバータ(3歳500万下)を0秒4追走して0秒6先着。追われると鋭い反応でパートナーを一気に突き放した。十分に乗り込まれており、馬体もほぼ仕上がっている。 B
ベルカプリ 栗東坂路で4F55秒9-40秒9-12秒9(馬なり)。ゴールドポセイドン(3歳500万下)に1馬身先着。終始落ち着いた走りで軽快に登坂。ラストもしっかり伸びて先着した。 B
ミスパンテール 栗東CWで6F79秒5-40秒8-13秒9(一杯)。ヒルノケープタウン(3歳未勝利)に2秒4先着。さすがに最後は甘くなったが、全体時計は優秀な部類。仕上がりは順調。 B
ミリッサ 栗東坂路で4F53秒3-38秒9-12秒8(仕掛け)。シェアザモーメント(3歳500万下)に1馬身半先着。力むことなくスイスイと駆け、ゴール前で仕掛けられるとひと伸びを見せた。好気配。 B
メイズオブオナー 栗東CWで4F53秒1-38秒9-13秒5(馬なり)。札幌から帰厩後の中2週で軽めの内容だが、疲れは見えず元気いっぱい。動きに活気があり、連勝中の勢いを感じる。 B
モズカッチャン M・デムーロを背に栗東坂路で4F54秒3-39秒5-12秒3(馬なり)。マナローラ(3歳1000万下)に2馬身半先着。力強いフットワークでグイグイと駆け上がり、ラストも鋭く伸びた。仕上がりは上々。 B
ヤマカツグレース 松山を背に栗東CWで6F80秒0-37秒0-12秒2(一杯)。切れのあるフォームでラストまでシャープに伸び切った。馬体の張りも目立つ。 B
リスグラシュー 栗東坂路で4F53秒5-38秒6-12秒2(馬なり)。レンジャックマン(3歳500万下)と併入。ゴール前は持ったままの手応えで抜群の伸びを見せた。程良く気合が乗って、気配は良好。 B
レーヌミノル 栗東CWで5F66秒4-37秒9-12秒0(一杯)。モンストルコント(4歳500万下)を0秒6追走して1秒3先着。春よりも一段と迫力を増した馬体&フットワークを誇示。動きの良さは際立っている。 B
ブライトムーン 藤岡佑を背に栗東CWで6F86秒2-40秒4-12秒2(馬なり)。ウインシャトレーヌ(3歳500万下)に0秒6先行して0秒3遅れたが、余力十分で心配ない。気配は引き続き良好。 C
ハローユニコーン 栗東CWで6F82秒4-41秒2-13秒7(一杯)。半マイル追いが通常パターンで長めから行ったとはいえ、直線で脚が上がった内容には不満が残る。まだ良化途上。 D