1. TOP
  2. 馬三郎タイムズ
  3. レースデータ
  4. 次走情報

重賞特集&次情報はお任せ!
馬三郎タイムズと併せて使えば威力倍増!
今なら14日間無料で使える!→詳しくはコチラ

次走情報

 

プロも愛用する競馬予想ソフト「競馬新聞 デイリー馬三郎」が今なら14日間無料でお試し頂けます!

無料トライアルに申し込む(購入手続きは不要です)/詳しく見る

5件中 1〜5件目  前へ | 次へ

馬名<前走> 性齢 次走予定 コメント
グレーターロンドン
< 2018/05/12(土)
京王杯スプリングC(G2) 4着 >
牡6 未定 中京記念は、直線で自慢の末脚をさく裂させて、1分32秒3のコースレコードでV。待望の重賞タイトルを獲得した。田辺は「いつも人気を背負っていて、もう少しという競馬が続いていたので、ホッとしました。直線はスパッと久しぶりに決まりましたね」。汗だくになった顔を拭いながら、会心のレースを振り返る。大竹師は「1400mに使ったのがいい方に出ましたね」。前走の京王杯SC(4着)で距離を詰めたことが、今回に生きた。今後については「この暑さだったからね。状態を見てから」とトレーナーは次走についての明言は避けたが、「賞金を加算できたし、大きいところに出走できますね」とG祇覇への意欲を示した。(7/22更新)
マサハヤドリーム
< 2018/06/17(日)
米子S 3着 >
牡6 2018/08/26(日)
小倉日経OP
福島テレビオープンで、強烈な決め手を発揮して、オープン初勝利を飾った。粘り込みを図る先行勢を直線半ばで一気に飲み込むと、最後は着馬を鼻差で抑え切った。大野が「最後に外へ(進路を)切り替えてからの伸びは素晴らしかった」と称賛すると、今野師も「随分と力をつけている」と満足げ。次走は小倉日経オープン(8月26日・小倉、芝1800m)へ向かう。(7/22更新)
レイエンダ
< 2018/05/12(土)
夏木立賞 1着 >
牡3 2018/09/17(月)
セントライト記念
22日の函館10R・松前特別に出走し、好位追走から楽々と抜け出して完勝。無傷の3連勝を飾った。ルメールは「すごくいい競馬ができた。直線も結構楽なまま勝ってくれた。まだ良くなれる余地がある」と素質馬を称賛した。藤沢和師は「牧場に帰って、セントライト記念(9月17日・中山、芝2200m)から。そこを見て、その先を考えます」と話したが、「お兄ちゃんと競馬します」と最後にひと言。天皇賞・秋(10月28日・東京、芝2000m)をはじめとする秋の古馬G祇鐇で、兄との対決が現実味を帯びてきた。(7/22更新)
アスターペガサス
< 2018/06/24(日)
2歳新馬 1着 >
牡2 未定 函館2歳Sは、ゴール前の内外離れたたたき合いを鼻差で制してV。11回目の挑戦で初の重賞タイトルを手にした小崎は「今までにないくらいうれしい。届いてくれと思って必死に追いました。勝っていると思っていなかったのでホッとしました」と満面の笑みを浮かべた。中竹師は「間に合わないと思ったけどね。ゲートの癖を知っているから慌てなかったんだろうね」と人馬の奮闘をたたえた。今後は週明けに放牧に出て、間に1、2戦挟んで朝日杯FS(12月16日・阪神、芝1600m)を視野に入れる。(7/22更新)
ウィクトーリア
牝2 未定 22日の函館新馬戦(芝1800m)を、好発からハナを奪い、従来の2歳レコードを1秒4も更新する1分48秒3のタイムでV。08年秋華賞馬ブラックエンブレムの娘が衝撃的なデビューを飾った。「追い切りではどうかと思ったけど…。分からんもんや」と岩田も驚くばかりの強さだった。同厩舎の半兄ブライトエンブレムは2連勝で札幌2歳Sを制したが「札幌2歳S(9月1日・札幌、芝1800m)には行きたいけど、無理はさせたくない」と小島師。来週中にも放牧に出される。(7/22更新)

5件中1〜5件目   前へ |  次へ