1. TOP
  2. 馬三郎タイムズ
  3. メーンレース情報

重賞特集&次情報はお任せ!
馬三郎タイムズと合わせて使えば威力倍増!
今なら14日間無料で使える!→詳しくはコチラ

今週のメーンレース

「競馬新聞 デイリー馬三郎」なら最終追い切り後のコメントが全レースでご覧頂けます。

無料トライアルに申し込む(購入手続きは不要です)/詳しく見る

12/10(日) 5回 阪神 4日目

11R 阪神JF(G1)

サラ系2歳 ○国際 牝○指(馬齢)芝1600m 18頭 発走15:40

本賞金:6500、2600、1600、980、650万円

先取り厩舎リポート

*毎週月曜日に更新

馬名 コメント
コーディエライト (先週は)追われても、真っ直ぐにスーッと走っていたのが良かった。GIだし、1回ビシッとやりたかったからね。今週は上がりだけで十分。身体能力が高いんだろうし、千六の方が乗りやすいと思うよ。<佐々木師>
サヤカチャン 前走後は想像以上に疲れがあったので、中間は疲れを取るところから。動きは良くなっているし、レースに行っての雰囲気がガラッと変わってきたね。勝負根性のある馬だし、持ち味を生かした競馬を。<田所師>
スカーレットカラー 前回は勝った馬が強かったし、結果は残念だったけど、しまいはいい脚。東京ではテンションが高かったけど、京都では馬に落ち着きがあった。外回りの方が、持ち味を生かせそうだね。<高橋亮師>
ソシアルクラブ まだハミに頼って走っているけど、気性的には乗りやすい馬。思ったよりも馬格があるなと思ったね。距離はもっとあってもいいだろうけど、外回りの千六は大丈夫そう。ポテンシャルは高いよ。<福永>
トーセンアンバー もう体はできているから。1週前のケイコは気合を見るくらいで十分。コンスタントに使っているけど、順調にきているんだから大したものだね。でも気持ちと体がしっかりとかみ合うのは、もっと先かな。<菊沢師>
トーセンブレス 1週前は併せ馬でしっかりやった。まだ少し息遣いは荒いけど、これでだいぶ良くなるでしょう。前走は前半でプッシュして、行きたがる面を見せた。デビュー戦のように、じっくり構える方が合っている。<加藤征師>
ベルーガ 前回と同じで1週前にジョッキーに乗ってもらったけど、反応が良かったし動きはいいね。しまいの反応の良さが、初戦と2戦目の結果につながっている。距離は全く気にしていない。<片山助手>
マウレア 中2週なので、1週前追い切りは気合を乗せないように単走で。レースまでの調整は息を整える程度で十分。前走はいい勝ち方だった。今回のメンバーは強くなるが、色気を持って阪神に行ける。<手塚師>
モズスーパーフレア 先週はサラッとやって、馬自体は動けていた。今週しっかりやって整うかな。まだレースぶりは模索しているけど、能力はありそう。条件は悪くないと思うし、距離は延びても大丈夫じゃないかな。<生野助手>
ラッキーライラック 先週の動きは良過ぎるぐらいだったね。今のところ何の不安もなくきています。カイバもしっかり食べているし、直線の長い外回りはいいと思いますよ。(ここまで)2戦2勝だし、楽しみですね。<松永幹師>
リリーノーブル 前走は最後も楽だった。調教で動いていたし、能力はあると思っていた。中1週なのがどうかだけど、カイバ食いもいいし、今のところ何も不安はないね。追っていい馬で、距離は延びても大丈夫そう。<藤岡師>
レグルドール 気のいいタイプなので、先週は単走で気分良く。動きは良かったと思うし、体は少しずつ増えて幅が出てきている。血統的にスプリント色が濃いので、いかに折り合いをつけて流れに乗るかですね。<杉山師>

1週前追い切りチェック!

*毎週月曜日に更新

馬名 コメント 上昇度 評価
トーセンブレス 柴田善を背に美浦南Wで5F69秒0-39秒1-12秒9(馬なり)。大きく追走しながらも、直線は一杯に追われる相手を子ども扱い。持ったまま鋭く伸びた。馬体も柔らかみがあって、気配は前走以上。 A
ラッキーライラック 栗東CWで6F80秒7-37秒4-12秒2(一杯)。ナンヨープルートー(3歳1000万下)を1秒3追走して0秒8先着した。追われると素早く反応して、併走馬を一気に突き放す好内容。気配もさらに良化しており、前走時以上の状態だ。 A
コーディエライト 栗東坂路で4F53秒2-38秒9-12秒1(一杯)。久々を好走した反動はなく、元気に登坂。追われてからの伸びも上々で、状態はさらに上向いている印象。 B
ソシアルクラブ 福永を背に栗東CWで6F83秒4-37秒6-11秒5(馬なり)。3頭併せの真ん中でシャープな伸びを発揮。フットワークが大きくなり、瞬発力にも磨きがかかっている。 B
マドモアゼル 松田を背に美浦南Wで6F84秒2-40秒8-13秒4(一杯)。3頭併せでビシビシと追われる意欲的な内容。鞍上に期待に応えるかのように、グイグイと力強く伸びてきっちりと先着した。馬体の張り、ツヤも目立ち、順当に良化。 B
モズスーパーフレア 栗東坂路で4F52秒8-38秒4-12秒5(馬なり)。プレシャスルージュ(5歳1000万下)と併入。持ったままの手応えで古馬を圧倒した。ひと叩きされた上積みがありそうだ。 B
モルトアレグロ 吉田隼を背に美浦南Wで5F70秒9-40秒0-12秒4(強め)。鞍上が反応を確かめる内容だったが、促すと重心がグンと沈んで一気に加速。ゴール前は鋭く伸びてラスト1Fは好タイム。筋肉量が増えて、馬体の張りも良化。確実な上昇度を示している。 B
グリエルマ 栗東坂路で4F54秒5-39秒4-12秒5(仕掛け)。イペルラーニオ(2歳新馬)に1馬身先着。全身を大きく使って力強く伸びた。出来は高いレベルで安定している。 B
サウンドキアラ 池添を背に栗東坂路で4F54秒1-39秒2-12秒5(馬なり)。気負うことなくスムーズに登坂。脚さばきも素軽く、気配は上々。 B
サヤカチャン 栗東CWで83秒2-39秒8-12秒8(一杯)。中間もコースでしっかり追い切りを消化。活気十分の雰囲気で、体調面は良さそうだ。 B
ナディア 栗東坂路で4F53秒2-38秒8-12秒8(G強め)。メリッサーニ(2歳新馬)と併入。間隔は詰まっているが、併せ馬を消化するなど元気いっぱいだ。 B
ベルーガ 川田を背に栗東芝で5F65秒3-36秒6-11秒6(馬なり)。先行するロードスター(4歳500万下)をラスト1Fでとらえると、瞬時に抜き去り半馬身先着した。今のところはイレ込みも見られず、これなら1F延長も問題なくこなせそうだ。 B
マウレア 嶋田を背に美浦南Wで5F71秒0-41秒3-12秒9(馬なり)。オーバーワークを避けて、単走でサラッと。柔軟なフットワークは健在で、直線も楽な手応えのまま軽やかな伸び。硬さもなく、好調をがっちりとキープ。 B
ラスエモーショネス 幸を背に栗東坂路で4F52秒4-37秒8-12秒4(一杯)。ララベスラーナ(3歳500万下)と併入。テンから意欲的に運んで、最後までしっかりと伸びた。好調をキープしている。 B
レグルドール 栗東CWで82秒7-39秒1-13秒1(馬なり)。ビシッとは追わなかったが、この馬らしいキビキビとしたフォームで動けている。一連の出来をキープ。 B
ロックディスタウン 美浦南Wで5F68秒1-37秒7-12秒4(一杯)。前を走る2頭を目標に進み、直線は内から並ぶ間もなく抜き去った。ひと息入った影響で、まだ反応は本物ではなかったが、加速してからの伸びはさすがと思わせる迫力。この1本でガラッと変わってきそうだ。 B
トーセンアンバー 美浦南Wで6F83秒4-39秒2-13秒4(馬なり)。前走後の初時計。6Fから時計になるところを乗られたが、最後まで余力たっぷりに真一文字の伸び脚。馬体もふっくらと見せており、出来は維持できている。 C
ノーブルアース 栗東坂路で4F58秒8-43秒9-14秒5(馬なり)。中1週で軽めに終始。程良くテンションを保ち、まずまずの気配。 C