1. TOP
  2. 馬三郎タイムズ
  3. メーンレース情報

重賞特集&次情報はお任せ!
馬三郎タイムズと合わせて使えば威力倍増!
今なら14日間無料で使える!→詳しくはコチラ

今週のメーンレース

「競馬新聞 デイリー馬三郎」なら最終追い切り後のコメントが全レースでご覧頂けます。

無料トライアルに申し込む(購入手続きは不要です)/詳しく見る

11/27(日) 5回 東京 8日目

12R ジャパンC(G1)

サラ系3歳以上 ○国際○指(定量)芝2400m 18頭 発走15:40

本賞金:40000、16000、10000、6000、4000万円

先取り厩舎リポート

*毎週月曜日に更新

馬名 コメント
ダノンベルーガ (前走後は)当初はおとなしくて疲れた様子でしたが、カイバは完食して、前走のレース前の体には戻りました。メンタルのいい馬で操縦性に優れており、2400mの距離については、全く心配していません。<堀師>
ユニコーンライオン 蟻洞から蹄葉炎になった馬で昨年の今頃はもう駄目かも…と思った馬ですからね。よく立ち直ってくれた。気性は難しいけど、スピードがあっていかにもヨーロッパ血統といった走りをする。<矢作師>
テーオーロイヤル ひと叩きした前走は張りも良くて状態が良かった。レースはアクシデントがこたえましたね。オールカマーのあとは疲れがあったけど、今回はそんなこともなく、立ち上げもスムーズ。力を出し切ってほしい。<栗原助手>
シャフリヤール 来週に向けて、うまく調整する感じで追い切った。前走は一番の条件とは違う中でも頑張って走ってくれていた。やっとベストの条件で走れるな。<藤原師>
ヴェラアズール 1週前なので負荷をかけようと。順調ですし、良くなっている感じがします。今年に入ってから体質が強化され、今は脚元に不安はない。ここでいい勝負ができれば来年がもっと楽しみになりますね。<渡辺師>
ヴェルトライゼンデ とても良かったです。ジョッキーには春(鳴尾記念1着時)にも1週前に乗ってもらって、その時よりシャープになったと言っていました。前回は展開のアヤもありましたね。使って良くなっています。<池江師>
ボッケリーニ もともと調教は動かないので。タイム的にこの馬にしては動けています。まだ成長の余地はあるけど、完成の域にきた。兄(ラブリーデイ)と同じくらいになってきている感じがします。<池江師>
カラテ きょうはしっかりと負荷をかけるつもりで。前走の疲れがなく、体力的に余裕がある感じですね。暑い時季よりも活気があって、距離が延びることを考えるといい傾向だと思います。<辻野師>
ユーバーレーベン 型通り良くなっているね。重馬場はメチャクチャうまいし、エリザベス女王杯のような馬場になれば。<手塚師>

1週前追い切りチェック!

*毎週月曜日に更新

馬名 コメント 上昇度 評価
シャフリヤール 福永を背に栗東芝で5F67秒1-37秒8-11秒2(馬なり)。馬なりのままスッと僚馬を引き離す絶好の瞬発力を披露した。前回より力みがなくゆったりと走れており、ひと叩きの効果は十分。ダービーを勝った舞台で復権を目指す。 B
カラテ 栗東CWで6F86秒8-38秒6-11秒7(仕掛け)。6Fで1秒ほど先行した僚馬をほぼ馬なりのまま残り1F標識でとらえ、鞍上が軽くゴーサインを送るとギアをもう1段階上げてフィニッシュ。首差先着という内容以上に余裕があった。非常に順調に調整が進んでいる。 B
ヴェルトライゼンデ レーンを背に栗東坂路で4F51秒1-37秒0-12秒0(一杯)。アステロイドベルト(5歳3勝クラス)と併入。テンから意欲的に運んで好時計をマーク。追われてから反応も上々だった。好気配。 B
ヴェラアズール 松山を背に栗東CWで6F79秒9-36秒6-11秒4(馬なり)。テンから速いラップを刻みながら、ラストもしっかりと伸びた。気配も引き続き良く、好調をキープしている。 B
ボッケリーニ 浜中を背に栗東CWで6F81秒2-37秒0-11秒5(一杯)。僚馬シルヴァーソニック(6歳オープン)に0秒2遅れたものの、これは追走した分で心配ない。ラストの伸び脚も上々。京都大賞典2着後も好調をキープできている。 B
ダノンベルーガ ムーアを背に美浦南Wで5F67秒8-36秒6-11秒4(馬なり)。前2頭を追い掛けて直線に向いたが、2頭がやり合う内から楽々と並んで見せた。手脚がよく伸びて力強いフットワーク。肌ツヤも良く、引き続き好調だ。 B
シャドウディーヴァ 美浦坂路で4F54秒8-40秒2-12秒4(一杯)。単走でビシッと追われる。数字は目立たなかったが、重心を沈めたフォームは力感十分。体も張った状態で出来は決して悪くない。 C
ユーバーレーベン 美浦南Wで5F68秒8-38秒2-11秒9(強め)。先に抜け出した中の馬を促しながら追走。エンジンが掛かってからは長くいい脚を使って、最後は勢いのある伸び脚で併入。外の馬には1馬身先着した。ガラッと良くなった印象はないが一歩前進だ。 C