1. TOP
  2. 馬三郎タイムズ
  3. メーンレース情報

重賞特集&次情報はお任せ!
馬三郎タイムズと合わせて使えば威力倍増!
今なら14日間無料で使える!→詳しくはコチラ

今週のメーンレース

「競馬新聞 デイリー馬三郎」なら最終追い切り後のコメントが全レースでご覧頂けます。

無料トライアルに申し込む(購入手続きは不要です)/詳しく見る

08/08(日) 1回 函館 12日目

11R エルムステークス(G3)

サラ系3歳以上 ○国際○指(別定)ダ1700m  発走15:35

本賞金:3600、1400、900、540、360万円

先取り厩舎リポート

*毎週月曜日に更新

馬名 コメント
ケイティブレイブ 1年以上休んでいる8歳馬だし、転厩初戦で以前との比較はつかないけど、現状でやれることはやってきたつもり。この暑さもあるし、正直どんなものか、やってみないと分からない部分が大きいですね。<清水英師>
トップウィナー ずっと調子はいい。変わらずに維持している感じだね。オープンを勝っているし、重賞でもやれると思っていた。函館のダートも例年よりは時計も速そう。少し湿る馬場になれば、さらにいいと思うよ。<鈴木孝師>
ヴェンジェンス 2週前にしっかりと時計を出したし、1週前はこのくらいで。調教は予定通りに積めています。小回り千七でどういう展開になるかですね。今のところ脚元は大丈夫。屈腱炎明けだし、まず無事にです。<菊澤助手>
スワーヴアラミス 前走のマリーンSは最後までしぶとく伸びてくれました。集中力を欠くところがあるので鞍上が追いっぱなしになるけど、それでも止まらないのは力のある証拠だと思っています。小回りの競馬場も合ってます。<須貝師>
タイムフライヤー 前走はスムーズに折り合えず、位置取りが前になってしまいました。道中でためる競馬をした方が、3、4角ですっと上がっていけますね。今回は転厩して3戦目になりますし、結果を出したいです。<五十嵐助手>
ソリストサンダー 前走は2着に敗れましたが、GIで力のあるところを見せてくれました。これまでの実績からダート1700m戦が最も安定しているし、北海道の馬場も合います。重賞制覇のチャンスだと思ってます。<篠田助手>
オメガレインボー 前走は小回り1700mの競馬に対応してくれました。力をつけているし、レースの幅が広がった感じはしますね。競馬の理想としては、ペースが速くなって持ち味が生きるような展開になってほしいです。<山助手>
ダンツキャッスル 状態は安定してます。オープンで続けて走ってくれたのは良かったですね。前走は3着に敗れたけど、ゲートをしっかり出て、強い相手に頑張ってくれました。内容としては良かったし、重賞でも楽しみです。<菱田>

1週前追い切りチェック!

*毎週月曜日に更新

馬名 コメント 上昇度 評価
ロードブレス 坂井を背に函館Wで5F67秒9-39秒8-12秒5(馬なり)。アイソリズム(3歳未勝利)との併せ馬で2馬身先着。テンポ良くラップを刻み、追走して先着と動きの良さは目立っていた。 B
レピアーウィット 札幌ダートで5F68秒6-37秒5-11秒6(一杯)。ゴール前で鞍上がアクションを起こすと鋭く反応。鋭い伸び脚を披露した。先週まで見せていたモタつくそぶりも一切なく、気配は日を追うごとに上向いている。550キロを越す大型馬だが、重苦しさもなく好仕上がりだ。 B
ロードゴラッソ 札幌ダートで5F70秒1-39秒6-12秒0(馬なり)。併せたジェットモーション(5歳オープン)を4馬身置き去りにする豪快な走りを披露した。馬体が引き締まって加速力がアップ。一気にピークとまではいかないまでも、復調の気配は明らかだ。 B
ウェスタールンド 栗東坂路で4F53秒6-38秒8-12秒1(一杯)。力感十分の動き。追われるとシャープな反応で伸びてきた。6カ月半ぶりをひと叩きされて、気配も上向いている。 B
ヴェンジェンス 幸を背に栗東坂路で4F56秒2-40秒2-12秒4(馬なり)。少しレース間隔はあいたが、順調に乗り込まれて馬体に緩みはない。活気あふれる動きで、気配はさらに上向いている印象だ。 A
オメガレインボー 横山和を背に函館Wで4F59秒5-43秒8-14秒5(馬なり)。軽めに終始したが、程良い気合乗りで気配は悪くなかった。 B
サンダーブリッツ 函館Wで5F72秒2-41秒0-13秒2(馬なり)。マジカルマジカル(4歳1勝クラス)に1馬身遅れたが、手応えにお釣りを残しており、心配はない。気配はまずまず。 C
トップウイナー 栗東坂路で4F53秒2-38秒3-12秒0(一杯)。軽快なフットワークで、最後までしっかりと伸びてきた。前走で1年2カ月ぶりに連対を果たしたが、中間も勢いは衰えず好調を堅持している。 B
ベルダーイメル 栗東CWで5F71秒1-40秒3-12秒8(馬なり)。21日に6Fから長めでビシッと追われており、長距離輸送を考慮して今週はしまい重点の内容。動きに素軽さがあり、休み明けで好走した前走の反動も感じられない。 B
ドスハーツ 函館Wで5F70秒4-39秒7-13秒1(強め)。全体時計や追われてからの反応はひと息だった。気配は目立たず。 D