1. TOP
  2. 馬三郎タイムズ
  3. メーンレース情報

重賞特集&次情報はお任せ!
馬三郎タイムズと合わせて使えば威力倍増!
今なら14日間無料で使える!→詳しくはコチラ

今週のメーンレース

「競馬新聞 デイリー馬三郎」なら最終追い切り後のコメントが全レースでご覧頂けます。

無料トライアルに申し込む(購入手続きは不要です)/詳しく見る

01/17(日) 1回 中京 6日目

11R 日経新春杯(G2)

サラ系4歳以上 ○国際○特指(ハンデ)芝2200m 16頭 発走15:35

本賞金:5700、2300、1400、860、570万円

先取り厩舎リポート

*毎週月曜日に更新

馬名 コメント
アドマイヤビルゴ しっかりと乗り込んだ。乗り手の感触だと大きくなっていて、しっかりと成長している。春は大阪杯が最大目標。二千前後を使う。初めての古馬相手の重賞。どれだけやれるか。これによってローテが決まる。<友道師>
クラージュゲリエ ちょっとまだ太いかな。1週前は後ろから行って負荷をかけた。このひと追いで変われば。長期休養明けを1回使った前走は前進があった。だいぶ“らしさ”が出たけど、その後休んだからね。能力はある。<池江師>
サトノインプレッサ 見た目は太い感じがある。1週前と当週の追い切りでどれだけ絞れるかだね。距離はもう少し短いところかなと思ったけど、毎日王冠を見ると二千から二四かなと思ったので、ここを使うことにした。<矢作師>
ショウリュウイクゾ 前走は距離なのかペースなのか、不可解な負け方だったけど、これまで戦った馬は重賞でも頑張っているからね。1週前にジョッキーを乗せて気合を入れてもらった。当週でちょうど間に合うかな。<佐々木師>
ヴェロックス 前走は長期の休養明けでもいい仕上がりで臨めた。道中の運びも良かったが、最後にもうひと押しが利かなかったあたりは久々の分かな。そこから在厩調整で順調に乗り込んで、上積みは十分だと思う。<片山助手
エアウィンザー 去勢後初戦の前走は馬体重も減っていたし、本来の走りからはほど遠い内容でした。かなりズブくなっていたので在厩でじっくりつくり直しました。状態面はこれならというところまで来ている。<小滝助手>
ミスマンマミーア 詰めて使うよりも、間をあけてここへ。攻め馬は動き過ぎるぐらい動くし、フレッシュな状態です。もともと左回りの方がいい馬。展開の助けは必要だけど、流れに乗ってうまくしまいを生かせれば。<寺島師>
レクセランス 1週前追い切りの動きは良かった。前走は苦しくなってモタれたけど、左回りの中京は神戸新聞杯でしっかりと走れている。3冠レース以外は悪くないし、古馬になって良くなると思っていた馬だから。<池添学師>
サンレイポケット 休ませて緩ませたので、前走時ほど良くないというのが正直なところ。ジョッキーは「右回りよりも左回りの方がしっくりとくる」とのことだが、前走の内容だと距離は少し長いのかもしれない。<高橋忠師>
バレリオ 1週前はビッシリとやりました。動きは悪くなかったです。前走は1番枠で出して行ったら、掛かってしまいました。ためていかないと駄目な馬。中京も勝っているし力もある。あとはかみ合ってくれれば。<相沢師>
ダイワキャグニー 若干、追い足りないかなと思ったけど、いい動きだったね。太め感もないし馬体の張りもいい。元気いいよ。去勢効果が出て、コントロールが良くなっている。昨年のうちから、ここを目標にしていたからね。<菊沢師>

1週前追い切りチェック!

*毎週月曜日に更新

馬名 コメント 上昇度 評価
アドマイヤビルゴ 藤岡康を背に栗東CWで6F79秒9-36秒6-12秒2(馬なり)。約2カ月ぶりだが、しっかりと乗り込まれて太め感のない仕上がり。動きもひと追いごとに素軽さが増している。 B
ヴェロックス 栗東CWで5F68秒8-39秒1-11秒9(一杯)を記録。しまい重点のため全体時計は目立たないが、直線で追われると素早く反応してシャープに伸びた。長欠明けの中日新聞杯(3着)をひと叩きされて気配が上向くなど、状態はさらに良化している。 B
エアウィンザー 栗東CWで6F83秒0-38秒8-11秒9(馬なり)。パートナーを直線でスッと引き離し、反応面の良化を示しての好タイムを記録した。前走で14キロ減だった馬体がすっかり回復したことで、本来の伸びやかなフォームが戻りつつある。 B
クラージュゲリエ 栗東CWで6F83秒2-39秒1-12秒6(一杯)。追走した分、結果的に遅れる形にはなったが、馬体が絞れてより動きが伸びやかになった。復帰3戦目で状態は今回が一番だ。 C
サンレイポケット 荻野極を背に栗東CWで6F81秒1-37秒6-12秒2(一杯)。僚馬を1秒以上追走する形で併入した。安定したフォームで動きも力強く、順調な仕上がりを示している。 B
サトノソルタス 美浦南Wで5F67秒2-38秒7-13秒0(仕掛)。1F手前で軽く促すと、スッと反応して2頭の前へ。ゴール前は相手を待つ余裕を見せて、最後はきっちりと併入を果たす。滑らかに動けており、力を発揮できる状態。 B
マイネルファンロン 美浦南Wで5F70秒2-40秒0-12秒8(直強)。ゆったりとした流れの中にも切れがあり、ラストも重心を低く構えて力強く伸びた。馬体は柔らかく、肌ツヤも良好。前走の疲れは抜けた。 B
ロサグラウカ 美浦南Wで5F68秒0-39秒1-12秒9(仕掛)。3頭併せ。直線は外に持ち出したが、促す程度でグングン加速。最後まで勢いそのままに真っすぐ伸びた。馬体も回復しており、体調自体は悪くない。 B
ダイワキャグニー 美浦南Wで5F68秒7-39秒6-13秒0(仕掛)。単走ながら活気十分。スピード感にあふれた走りで、ラストも軽快な伸び脚。馬体の緩みもなく、上々の気配。 C
ナイママ 美浦南Wで5F70秒1-40秒3-12秒1(一杯)。馬場の大外に持ち出してビシッと追ったが、フットワークに乱れはなく、真っすぐに伸び切った。中間のケイコもしっかりと動けており、元気の良さが目立つ。 C
バレリオ 美浦南Wで5F66秒8-38秒6-13秒0(一杯)。直線は馬なりの相手に2馬身遅れたが、1秒6の大差追走や時計を考えれば仕方がない。むしろハードにやれた体調の良さを強調したい。体の緩みもなく、直前はサラッとやるだけで十分だ。 C