1. TOP
  2. 馬三郎タイムズ
  3. メーンレース情報

重賞特集&次情報はお任せ!
馬三郎タイムズと合わせて使えば威力倍増!
今なら14日間無料で使える!→詳しくはコチラ

今週のメーンレース

「競馬新聞 デイリー馬三郎」なら最終追い切り後のコメントが全レースでご覧頂けます。

無料トライアルに申し込む(購入手続きは不要です)/詳しく見る

08/18(日) 2回 札幌 2日目

11R 札幌記念(G2)

サラ系3歳以上 ○国際○特指(定量)芝2000m 14頭 発走15:45

本賞金:7000、2800、1800、1100、700万円

先取り厩舎リポート

*毎週月曜日に更新

馬名 コメント
フィエールマン (1週前追い切りは)いい反応。フットワークも息遣いも良かった。馬が大きくなってパワーアップしている。一番の目標はフランス。休み明けからいい結果が必要だけど、能力はあるので勝つ自信はあります。<ルメール>
エイシンティンクル 現地滞在の効果でテンションが上がることなく、いい雰囲気。前走は最後にひと脚を使ってくれたし、内容的には悪くなかった。さらにメンバーは強くなるが、スタートを決めて自分の競馬ができれば。<杉山助手>
ペルシアンナイト 早めに札幌へ入厩して順調に乗り込みを消化。太め感はなく、ほぼ前走時と同じくらいの馬体重で出走できそう。舞台も合いそうだし、あと1週間で息遣いがどこまで良くなってくるかだろう。<川合助手>
ゴーフォザサミット 前走は早め先頭で目標にされてしまったし、勝ち馬とは斤量差もあった。中間は放牧先でしっかりと乗り込み、息はできているし、当週のひと追いで態勢は整うと思う。去年より成長して雰囲気はいいよ。<千島助手>
ランフォザローゼス ダービーは直線で切り返すシーンがありながら、よく伸びていた。春先より心身ともに成長している。右回りは経験済みだし、競馬が上手なので初の札幌も問題ない。古馬に胸を借りるつもりで頑張りたい。<千島助手>
サングレーザー 帰厩して2、3週間で競馬する、いつもの調整パターン。本馬場でやった1週前追い切りの感じも良かった。昨年は狭いところを割って、いい勝ち方。洋芝は合うし、ここでもやれるポテンシャルはある。<浅見助手>
ワグネリアン 牧場を経由して7日に札幌入厩。栗東で乗っていたし、態勢は整っている。大阪杯の時より状態は良さそう。小回りや洋芝は未経験だけど、(福永)ジョッキーは『走れそうな雰囲気がある』と言っていた。<藤本助手>
クロコスミア 7月中旬に帰厩。昨年はドバイから5カ月の休み明けだったけど、今年の方が過程はいいね。前走で速い決着に対応できたように、さらに力をつけている。札幌は走り慣れているし、いい形で出走できそう。<北添助手>
クルーガー 1週前はしまいを伸ばす感じで。単走だったけど、反応は良く、時計的にもちょうどよかった。海外へ行って、またこの馬らしい走りができるようになってきた。ケイコの動きを見ても衰えは感じない。<松井助手>
サクラアンプルール 前走は時計が速すぎたし、パンパンの良馬場では厳しかった。秋に向けての始動戦という位置づけでここを目標にしてきた。コーナリングがうまいタイプなので小回りは向く。相手は強いが頑張ってほしい。<池上助手>
ブラストワンピース 前走は(59キロの)ハンデを背負っての高速馬場で条件的に厳しかった。現地でリラックスしている雰囲気だったので、気合をつけた1週前追いでスイッチが入れば。器用なタイプではないので、小回り克服が鍵。<大竹師>
ステイフーリッシュ 涼しいところで調整して、順調にレースに使えていますね。今回はメンバーが強くなるものの、状態は変わらずキープできていますし、前走(函館記念3着)からの上積みもありそうです。<藤田助手>

1週前追い切りチェック!

*毎週月曜日に更新

馬名 コメント 上昇度 評価
サングレーザー 札幌の芝で5F58秒2―35秒2―12秒9(一杯)。ラストは要したが、全体時計は上々。程良い気合乗りを見せて上々の気配。 B
フィエールマン ルメールを背に函館Wで4F55秒5―40秒1―12秒5(馬なり)。程良い気合乗りを見せて、キビキビと躍動。気配の良さは目立っている。 B
ペルシアンナイト 札幌ダートで5F66秒5―38秒9―12秒7(一杯)。テンから意欲的に運んで、最後までしぶとく伸びた。馬体の張りも目立つ。 B
クルーガー 札幌芝で6F81秒7―38秒5―11秒8(一杯)。攻め駆けするタイプで、追われて上々の反応を示した。一応の仕上がりにある印象。 C
ブラストワンピース 函館芝で5F65秒3―36秒0―12秒2(一杯)。ロジシルキー(3歳2勝クラス)を2馬身ほど追走して1馬身半先着。直線に向くと素軽い反応を示して先着を決めた。気配の良さは目立つ。 C
ステイフーリッシュ 函館Wで5F68秒5―37秒8―12秒6(馬なり)。キビキビと軽い身のこなしで駆け、状態の良さを誇示した。 C
サクラアンプルール 函館Wで5F69秒7―38秒8―12秒2(仕掛け)。サクラパルジファル(3歳未勝利)に1馬身先着。長めから3馬身ほど追走して、直線で並ぶとひと伸びを見せた。気配は良好。 C