1. TOP
  2. 馬三郎タイムズ
  3. メーンレース情報

重賞特集&次情報はお任せ!
馬三郎タイムズと合わせて使えば威力倍増!
今なら14日間無料で使える!→詳しくはコチラ

今週のメーンレース

「競馬新聞 デイリー馬三郎」なら最終追い切り後のコメントが全レースでご覧頂けます。

無料トライアルに申し込む(購入手続きは不要です)/詳しく見る

05/31(日) 2回 東京 12日目

11R 日本ダービー(G1)

サラ系3歳 ○国際 牡・牝○指(定量)芝2400m  発走15:40

本賞金:20000、8000、5000、3000、2000万円

先取り厩舎リポート

*毎週月曜日に更新

馬名 コメント
コントレイル 私を含めて厩舎スタッフを一走ごとに自信をつけさせてくれるし、課題もクリアしてくれる。(1週前追い切りは)何も言うことはないな。これぐらいの負荷をかけたかったから。何より順調に来ているのがいい。中間はテンションを上げないように調整していますが、うまくいっている。<矢作師>
サリオス 中間は在厩で調整。1週前に強い負荷をかけて、あらかた仕上がったと思います。皐月賞はジョッキーもうまく乗ってくれて能力を出していました。前走内容を見ても、距離はこなせるのではないでしょうか。<森助手>
ワーケア 1週前は(馬場の荒れた)時間帯を考えれば十分。ズブい面があるので、距離が延びるのはいい。走法の関係で左回りになるのも好材料では。相手は強いが、皐月賞をパスしたのだから頑張ってもらわないと。<手塚師>
サトノフラッグ 前走は直線の迫力がいまひとつ。敗因はつかみかねるが、もしかしたら仕上がり過ぎていたのかも。それを踏まえて、今回は余裕を持たせるように調整している。乗り込みは順調で体調自体はいいよ。<国枝師>
ダーリントンホール 皐月賞を使って良くなる感触はあったが、この中間で急激に状態が上がっている。共同通信杯の走りを見ても、広いコース向きなのは明らか。あとはベストパフォーマンスを発揮できるように整えていきたい。<木村師>
ウインカーネリアン 皐月賞は強い相手に先行して頑張ってくれた。中間も大きなダメージはなく、馬体重が10キロ増えて体調は良さそう。乗りだしてからはセーブすることなく調教できているし、いい状態に持っていけそうです。<鹿戸師>
ビターエンダー レース後1週間は楽をさせて、日曜(24日)に時計を出す。前走は3角で右前落鉄しながら勝ったのだから大したもの。皐月賞は外枠で強引な競馬になったから仕方ない。東京は合うし、距離もいいと思う。<相沢師>
サトノインプレッサ 前走は参考外。あの馬場ではインを通った先行馬にしかチャンスがなかった。状態的にもソエの影響で坂路でしか追えなかったし、それを思えば1週前にコースで追えたのは大きいよ。改めて期待している。<矢作師>
アルジャンナ 1週前追い切りの動きはまずまずといった感じ。いい時の動きにはない。堅実に走るタイプで、前走も完璧なレースをしてくれたと思う。左回りの方がコーナーの走りもスムーズじゃないかな。<池江師>
ヴェルトライゼンデ 確実に前回よりも良くなっている。皐月賞はペースも速く、正攻法の競馬をした分、しまい伸びあぐねた。良馬場の方が持ち味が生きそうだし、2400mもいいと思う。楽しみにしています。<池江師>
ディープボンド 皐月賞もいいと思ったけど、前走はさらに良くなっている感じがあったからね。距離が延びるのもいいと思う。気性はおっとりとしているけど、オンとオフがしっかりしていて、それがいいのだろう。<大久保師>
レクセランス 皐月賞前に放牧先から帰った時と比べて、今回の方が活気がある。調教は左回りの方が走りがスムーズだし、レースで右にモタれる面からも、広いコースの左回りはいい。前回がいい経験にならないかな。<池添学師>
ヴァルコス 前走を使ってから体はさらに引き締まって、良くなってきました。青葉賞をあの速い時計で走れたのは収穫でしたね。まだ緩い馬なので、これからしっかりとしてくればさらに楽しみ。道中は流れてほしい。<友道師>
マイラプソディ 最近の成績や内容を見ると気持ちの問題が大きい。調教でメンコとチークを着用したが本番もそれでいこうかと思っている。東京二四は一番合うと思う条件。あとはジョッキーがうまく引き出してくれれば。<友道師>
コルテジア 前走は内枠があだになりましたね。その後は在厩で調整して順調です。使うたびに良くなってくるタイプ。メンタル面の成長で、折り合いもつくようになってきた。体つきもしっかりしていますよ。<鈴木孝師>
ガロアクリーク 直線で少し気合をつけてもらった。予定通りだったし、動きも悪くなかったと思う。もともと長い距離の方がいいと思っていた馬。東京コースも問題ないし、皐月賞の上位2頭にどこまで詰められるかだね。<上原師>
ブラックホール 先週もWでやっているし、時計的にもいいと思う。皐月賞の時、馬を気にするそぶりを見せていたので、2頭の間を割る練習をさせた。今の東京では後ろからでは厳しいので、展開次第になるでしょうね。<相沢師>
マンオブスピリット 前走を1回使えば良くなるという状態で使ったので、中間も順調に来ていますし、いい状態で出走できそうですよ。東京の2400mは、条件的にも悪くないと思っています。このまま無事にいければ。<斉藤崇師>

1週前追い切りチェック!

*毎週月曜日に更新

馬名 コメント 上昇度 評価
コントレイル 福永を背に栗東CWで6F79秒9-37秒5-12秒3(仕掛け)。ステイフーリッシュ(5歳オープン)を1秒1追走して0秒2先着した。パワフルなフットワークで迫力十分の動き。軽く追われると瞬時に反応して、グイッと伸びた。状態は引き続き申し分なく、無敗の2冠に向けて視界は良好だ。 A
ダーリントンホール 美浦Wで6F86秒4-40秒7-12秒3(馬なり)。つつかれる形でもうまくコントロールが利いており、直線もバランスのいいフォームで、特に前脚がよく伸びている。追われる相手を軽くあしらったように、動きは文句なし。 A
ヴェルトライゼンデ 池添を背に栗東CWで6F80秒0-37秒1-12秒0(一杯)。サトノルークス(4歳オープン)を1秒追走して併入した。キビキビとしたフットワークで、追われてからもシャープに伸びてきた。皐月賞で大敗した影響は見えず、元気いっぱいだ。 B
サトノフラッグ 美浦Wで5F68秒7-39秒4-12秒4(馬なり)。大きく追走しながらも、脚力の違いで1F手前で早々に抜き去ってしまった。最後まで相手を見ながらの余裕があり、追えば間違いなく突き放していただろう。馬体の厚み、肌ツヤも申し分なく、体調面はかなりいい。 B
マイラプソディ 藤岡康を背に栗東CWで6F85秒5-39秒6-11秒8(馬なり)。アイワナトラスト(3歳未勝利)に0秒7先行して0秒3先着、レッドラルーチェ(3歳未出走)を0秒6追走して0秒3先着した。格下に合わせる形で全体時計は目立たないが、直線は自らハミを取り上々の伸び脚。2カ月ぶりを叩かれて、気配も上向いている。 B
ワーケア 嶋田を背に美浦Wで5F67秒3-38秒9-12秒3(一杯)。2頭を追いかけて内へ。追いだすと重心が沈み込み、最後まで力強く伸び切った。意欲的な併せ馬を繰り返し、出来はアップ。馬体も引き締まって、態勢に隙はない。 B
アルジャンナ 浜中を背に栗東坂路4F52秒9-38秒5-12秒5(一杯)。力強い脚さばきで駆け上がり、出来の良さを誇示。追われてからもしっかりと反応していた。好気配を保つ。 B
ヴァルコス 荻野琢を背に栗東CWで6F81秒6-37秒7-12秒4(一杯)。エカテリンブルク(3歳1勝クラス)を0秒7追走して0秒2先着、アドマイヤミモザ(3歳未勝利)を1秒1追走して併入した。2週連続で6Fから意欲的に追われており、前走の反動は全く見られない。 B
ガロアクリーク 野中を背に美浦Wで5F67秒1-38秒3-12秒0(強め)。大きく追いかけて内に潜ったが、ゴール前で気合を入れるとグンと加速。あっさりと抜け出して1馬身の先着を果たした。体の張りやツヤも良く、出来落ちは見られない。 B
コルテジア 松山を背に栗東CWで6F83秒6-38秒2-11秒8(強め)。先行する2頭の間を割って鋭い伸び脚を発揮し最先着した。馬体から受けるイメージはマイラーだが、前半の緩いラップに折り合いを欠くシーンもなく非常にリラックスした走り。今のテンションを維持できれば2400mもこなせそうな印象だ。 B
サトノインプレッサ 坂井を背に栗東CWで6F83秒0-38秒9-12秒1(馬なり)。シャープな脚取りで駆け抜けた。目立ったコズミもなく、今の落ち着きをキープできれば距離延長も問題なさそうだ。 B
サリオス レーンを背に美浦Wで5F66秒3-38秒1-12秒0(強め)。直線の追い比べは迫力満点。相手がうなっており、やや劣勢でのゴールとなったが、ダイナミックなフォームに力強い伸び脚は前回と遜色なし。馬体も張った状態を保てており、好調をがっちりとキープ。 B
ディープボンド 栗東坂路で4F57秒3-41秒5-13秒4(馬なり)。馬任せに終始したが、素軽いフットワークで動きは軽快そのもの。 B
マンオブスピリット 栗東CWで6F83秒6-39秒7-13秒2(馬なり)。アルサトワ(3歳1勝クラス)に0秒6先行して併入した。レース間隔が詰まるため強くは追わなかったが、長めから時計を出せれば問題はない。2カ月半ぶりを叩かれて、気配は前走時以上だ。 B
レクセランス 栗東CWで6F82秒4-37秒5-12秒3(一杯)。アジャストザルート(3歳1勝クラス)に0秒8先行して併入、ボンセルヴィーソ(6歳オープン)を1秒追走して0秒2遅れた。併走馬に劣勢だったが、自身の動きは悪くない。上昇度こそ感じられないが、状態は安定している。 B
ウインカーネリアン 美浦Wで5F69秒1-40秒3-12秒8(馬なり)。前2頭を目標に進んだが、最後は追いつけずに置かれてしまった。走りに伸びやかさがなく、変わり身は見込めない。 C
ブラックホール 石川を背に美浦Wで5F67秒3-38秒7-12秒8(仕掛)。外の馬を待って追いだしたが、スパッと切れることはなかった。中間もハードに乗っている点は高評価も、動きは変わらない。 C